教育目標

本校の教育目標

1 教 育 目 標


(1) 学校の教育目標

(1)「知性」 ― 明澄な知性
(2)「創造」 ― 創造への努力
(3)「自主」 ― 自他の敬愛と自律の精神

(2) 学校の教育目標を達成するための基本方針

(1) 全ての生徒の進学希望を実現する。
   学問への探究心を高め、明確な目的意識と確かな学力を有する生徒の育成を図る。
(2) 生徒が社会の変化を見通した自己変革を行うことを支援する。
   社会への積極的な参画や正しい判断、信頼される行動により、自主性や社会性を高めていく。
(3) 3年間の学校生活の満足度を高める。
   教科指導のみならず、進路指導・生活指導、特別活動等、学校生活のすべての面において、
   生徒の満足度が高く、保護者や地域等から信頼される魅力ある 学校を目指す。


2 指 導 の 重 点


(1)各教科・科目の指導

『生徒一人一人の学力向上』
 (1) 学校評価アンケートをもとに授業改善し授業を大切にした学習サイクル
   (予習→授業→復習・予習)の定着を図る。
 (2) 教科指導における学習到達度を明確にするとともに、生徒の学力や進学希望先を
    見通した習熟度別授業で生徒の長所を伸ばし短所を補い、学力の向上を図る。
 (3) 年2回のセンターレベルの実力テストや外部模試等の教科分析を通して、
    授業改善を図り、大学センター試験に対する生徒の学習意欲の向上や
    応用力を身に付けさせる。
 (4) 言語活動・読書活動を推進する。
 (5) 現代社会の授業を中心として、主権者教育を推進する。
 (6) 人間と社会の授業で社会に生きる自己の在り方を探求できる態度を育てる。

(2)特別活動の指導

『学校生活の満足度の向上』
 (1) 生徒会や委員会活動の指導を充実させ、
    学習指導要領に基づいて指導するホームルーム活動や学校行事を通して、
    学校生活の満足度を高めるとともに、社会性を育み、自主性・自律性を確立させる。
 (2) 部活動の年間活動計画を定期考査や学校行事等に配慮しながら策定し、
    規律ある部活動へと発展させ、生徒の満足感や充実感を高める。
 (3) 部活動・ホームルーム等を含めて
    幅広くオリンピック・パラリンピック教育を推進する。

(3) 生 活 指 導

『子どもたちの健全な心の育成』
 (1) 挨拶や服装等の指導・徹底を委員会や部活動等の一環として、
    全教職員で活気ある教育環境を整備し、七高生としてのステータスを高める。
 (2) 自殺対策に資する教育を推進する。
 (3) いじめ防止に取り組む。
 (4) 薬物乱用防止教室などを実施し、安全・防災教育の推進を図る。
 (5) 食生活・生活習慣等の自己管理を通し、体力の向上・健康の保持増進に取り組む。

(4) 進 路 指 導

『生徒一人一人の進学希望の実現』
 (1) 学年担任・教科担当者の他、5教科の主任との連携を更に強化し、
    進路指導部を中心とした全教職員による進路指導の推進を図る。
 (2) 生徒の興味・関心や適性・能力を把握し、適切な志望校を決定できるように
    授業・講習・補習を充実させていく。なお、学級担任や進路指導部だけでなく、
    生徒指導部や部活動顧問と連携し進路指導の充実を図る。
 (3) 長期休業中の講習は、生徒の志望する大学に対応した講座を選ぶことが
    できる様に、講座内容を明確にし、早い時期に提示する。

(5)総合的な学習の時間

『教科・人間と社会による道徳教育の充実とキャリア教育の推進』
『自己理解・他者理解の深化、社会と自己とのつながり・自らの生き方の考察』
『進路実現に向けた、自主的で意欲的な学習態度の育成』
『進路や学問についての知識の深化、進路目標の追求』
 (1) 体験型実習活動を通し、社会に生きる自己の在り方についての認識を深める。
 (2) 望ましい学習態度・学習習慣の確認とそれらを確立させるための情報収集を行う。
 (3) 自己理解と他者理解を促し、生き方についての考えを深める。
 (4) 望ましい職業観を身につけ、自己の進路について探求を進める。
 (5) 生徒自ら興味・関心、進路等に応じて設定した
    課題についての深化、総合化を図る。
 (6) 上記の内容について評価計画に基づき、総合的に評価を行う。


3 教育目標達成のための特色ある教育活動等


(1) 教育目標達成のための特色ある教育活動

 (1) 体育祭、文化祭、合唱祭、修学旅行などの学校行事を通して、
    学校への帰属意織を高め、集団の中で自主的・自律的な行動ができるように、
    構成・内容、運営形態等を工夫する。
 (2) 学校運営連絡協議会による学校評価を活用し、学校運営と教育活動を改善する。
 (3) 地元の地蔵坂商店街やPTA活動などの
    地域とのかかわりを通した教育活動を実践する。
 (4) 授業公開、出前授業、体験授業による中高連携及び生徒による授業評価の
    活用等を通して、開かれた学校づくりを一層推進する。
 (5) ALT・JET等の外国人による授業や交流を通じた国際理解教育を実施する。
 (6) サマーキャンパス等の高大連携を推進する。

(2) 学校週5日制への対応

 (1) 土曜授業を実施する。
 (2) 学期中・長期休業日中の補習・講習を充実させる。
 (3) 大学教員等による講演・模擬講義を実施する。
 (4) 土曜日午後を有効活用する。
    (地域商店街コンサート,災害ボランティア,PTA行事,特別支援学校訪問等)
 (5) 二学期制の導入(授業時数の確保)
〒131-0032 東京都墨田区東向島3丁目34番14号
電話 : 03-3611-2125 ファクシミリ : 03-3612-6123
E-mail : S1000108@section.metro.tokyo.jp
アクセス