印刷

【校長の窓】4月 7日 御入学おめでとうございます

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。

 晴天に恵まれ、令和3年度の入学式を無事に挙行することができました。皆様方に感謝申し上げます。そして、新入生の皆様、保護者の皆様、御入学を心よりお祝い申し上げます。これから始まる高校生活を精一杯、充実させてください。

◎校長式辞
 春の暖かな陽ざしが降り注ぎ、新たな出発を祝うこの佳き日に、保護者の皆様の御臨席を賜り、令和三年度東京都立墨田川高等学校入学式が挙行できますことを、心より感謝申し上げます。ただ今入学を許可した275名の新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。教職員一同、皆さんの入学を歓迎いたします。保護者の皆様、ご入学を心よりお祝い申し上げます。
 さて、新入生の皆さんは本日より墨田川高校の生徒となりました。今は期待と不安で緊張していることと思いますが、入学に際して私から皆さんに伝えておきたいことがあります。この墨田川高校では、まず、自分自身をしっかりと見つめ、自分自身と向き合い、自分の良いところや努力すべき課題を見つけてください。大人であっても良いところと、課題を持っています。両方あって当然であり、そのことが問題なのではありません。自分自身の良さと課題の部分を知っていること、そのことに気づいていることが大事なのです。分かっているからこそ、良いところはますます伸ばし、課題は一歩一歩、克服していくことができるのです。そしてその先に次の目標が見えてくるのです。
 皆さんの左側をご覧ください。そこに座っている本校の先生方は、皆、信頼できる先生方です。このほかにも、本日の入学式を運営するためにさまざまな場所で働いている教職員がおります。どの教職員も皆さんをしっかりと見つめ、皆さんのことを理解できるよう努力して参ります。皆さんの地道な取り組みには、墨田川高校の教職員が一体となって全力で応援しますので、安心して学校生活に取り組んでください。
 次に、勉学に励むことはもちろんですが、高校は勉強だけではない大切なものを学ぶことができる場所です。それは、人との絆です。高校生活を送る中で、生涯にわたり、助け合い、支え合い、思い遣る、真の友達を見つけてください。また人生の先輩として、様々な助言をいただける教職員との絆も深めてください。墨田川高校は皆さんが教育を受けることを自ら選択して入学した場所です。ここにいる新入生全員、そしてこれから出会う先輩たちは、皆、自分自身で選んでこの学校に来た仲間なのです。そこには必ず共通の思いがあるはずです。これが人の縁であり、この縁を将来につながる強い絆に変えていってください。
 今、世の中は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、日常生活、学校生活が大きく変わってしまいました。しかし、皆さんはその環境の中で努力を続け、自らの進路を切り拓き、今日ここに居るのです。新入生の皆さん、自分に自信を持ってください。努力を積み重ねることの大切さをすでに知っているのです。これからの高校生活にそれを活かして取り組んでほしいと思います。
 結びに、保護者の皆様、ご家族の皆様には、新入生一人一人の努力に、ぜひともお力添えをいただきますようお願いをいたします。高校に毎日通学するために最も大切なことは、ご家庭での温かい励ましです。それがあってこその高校生活です。お子様を温かく見守っていただくとともに、本校の教育活動に忌憚のない御意見を頂戴できれば、大変ありがたく存じます。感謝と御願いを申し上げまして、私からの式辞とさせて頂きます。
    令和 三年 四月 七日
    東京都立墨田川高等学校長
    寺島 雅夫
〒131-0032 東京都墨田区東向島3丁目34番14号
電話 : 03-3611-2125 ファクシミリ : 03-3612-6123
E-mail : S1000108@section.metro.tokyo.jp
アクセス